後悔しない二世帯住宅!!絶対にやるべき3つのポイント

未分類

こんにちわ。ちえさんです。

あなたは誰かと一緒に暮らしていますか?私は旦那と2人の子供、そして義父母と2世帯住宅に暮らしています。今から4年ほど前に旦那の実家をリフォームし、一緒に暮らし始めました。

今回は「同居が決まったけど2世帯住宅にしようかな?」「まさにこれから二世帯住宅建てます!」という方に、実際に2世帯住宅建築の際のやっておいて良かったと思う「絶対にそれぞれの世帯ごとに分けて作るべき3つ」をお伝えします!

1.キッチンは2ヵ所作るべし!

キッチンは自室であり戦場である

 私はキッチンは主婦にとって自室のようなものだと思っています。自分の部屋って勝手にいじられるとものすごい嫌じゃないですか?ちょっとでも何かの場所が変わっているとイラッとしますよね?キッチンも同じです。さらにキッチンは一刻を争う戦場でもあるので「あれ?あそこに片付けたはずのあれがない!」なんてもっての他なわけです!

 あるご家庭では、「使った後、流しが汚い」とか「スポンジの泡をきってない」とか、もめごとの原因になってしまったという話を聞きました。

お互い作りたいものがある

お義母さんは主婦の大先輩です。長年作ってきた自慢の料理があるでしょう。嫁のあなたも作りたい料理があるでしょう。それぞれの旦那様も「お前の作ったあれが食べたいなぁ」と思うことがあるでしょう。子供から「あれ作って!」と言われることもあるでしょう。日々の食事をどちらかがメインで作ることにしても全くもってキッチンに立たないというとはないと思います。また、それぞれで分担して作るにしても、キッチンが1ヵ所だと同じ時間帯に同じ作業場に立たなければならないことが出てきます。もしくは相手の作業が終わるまで待たなければならないかもしれません。この気遣い、ストレス以外の何物でもありません。

 実際にキッチンが1つという同居家族数名に様子を聞いたところ「使う時間で分けている」「相手が使っている時は使わない」という話を聞きました。…正直めんどくさいですね!苦笑

 家事が滞ることはストレス以外の何物でもありません。事前に対策をしておきましょう。

2.トイレも2ヵ所作るべし!

人数が多いと待つ時間が長い

 家族の関係性以前の問題として、人が多いとトイレは待たなければなりません。これも案外ストレスの原因になります。ましてや子供や高齢者は身支度に時間がかかることがあるので「早くして!」と言っても無理なのです。

行きたいと思った時に行けるように2ヵ所設置しましょう。

誰が掃除をするのか

 共同スペースは誰が掃除することになりそうですか?まぁ大概の場合、嫁でしょうかね。トイレって大人数で使うと汚れが半端ないですよね!しかも自分の家なのでみんな後先の人のことなんて考えませんかね。結構汚れます。そして義父母も使うとなるとこまめに掃除して清潔にしていなくっちゃ!なんて自分で自分にプレッシャーかけたりして。トイレ掃除が大好き!という方は気にならないかもしれませんが、私は好きじゃないのでコマメに掃除とか(ヾノ・ω・`)

我が家は2か所トイレがあるので義父母の部屋に近いトイレは私は使いません。なので掃除もしません!!(笑)義父母にお任せしています。私が使っている方は掃除しますよ!

はい、とっても気が楽です(笑)

3.洗濯機は2つ設置すべし!

一緒に洗っても、分けて洗っても

 「我が家は一緒に洗っても気にならないから1台でいいわ」なんて思うかもしれませんが、量が多くて1回では終わりませんよね?毎日2回も回します?面倒くさくないです?我が家は10㎏洗える洗濯機ですが、私たち夫婦と子供2人の洗濯物で毎日ほぼいっぱいです。義父母との選択は分けたい!とすると2回は必須になるわけです。

だったら最初から2台設置してそれぞれで行った方がいいと思いませんか?

洗濯物を分けても1台だとやっぱり待つ

「洗濯機2台買うなんてもったいない!1台をそれぞれで使えばいいじゃない。」

先ほどのキッチンと一緒で、洗濯機も使う時間ってみんな一緒ですよね?洗濯機はどちらかが始めたらそこから1時間程は全く使えないわけです。これはキッチンより融通が利かないところ。義父母がお若くてみんな働きに出ていて朝は一刻を争う!なんて場合は本当に大変です。どちらかが譲らなければなりません。

 いつも夜のうちに洗濯物を干してあるあの家…もしかしたそんな事情かもしれませんね。

リフォーム業者さんからも強く勧められた

 リフォームするにあたって洗濯機については、特に何も考えていなかったのですが、担当して下さった業者のベテランおじさんが「洗濯機は絶対に分けたほうがいい!」と再三強く勧めてくれたので取り入れました。他の2世帯住宅のお客様にも、後々この提案は本当に喜ばれるんだそうです。プロも進める2台設置!おすすめです!

まとめ

 今回は2世帯住宅を建てる際の絶対おすすめポイント3つについてお伝えしました。同居は悪いとことばかり取り上げられがちですが、良い点もたくさんあります。このような事前の対策で不要なもめごとを避け、素敵な暮らしを始めてくださいね!

未分類
スポンサーリンク
松本の魅力をみんなにシェアしてね
フォローしていただくとブログの更新を見逃しません
松本LOVER

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました